これさえ知っておけば大丈夫!〜青汁についての基本中の基本〜

元気な大人でいるために必要なこと

若いころはエネルギー代謝が活発で免疫力も高く、特に何もしなくても元気に過ごせるものです。しかし若いからといって不摂生な生活を送っていると、だんだんと疲労と老化が体内に蓄積していき、気が付かないうちに体のあちこちに衰えを感じるようになります。

 

一般的には30〜40歳くらいの間はまだまだ体もパワー溢れる時期なのですが、この時期にすでに体に何等かの衰えを感じ始める人もいます。原因は様々ではありますがその人たちの多くは若い時期に不摂生な生活を送っていたという特徴があります。特に乱れた食生活を送っていたという人が多いですね。ジャンクフードや油の多い肉類などばかりを好んで食べ、野菜をしっかりと食べていなかった人は免疫力の低下が早くに訪れ、体の老化のスピードが速く、通常の人よりも早い段階で体の衰えを感じ始める傾向にあります。

 

その反対に、若いころからしっかりとバランスのとれた食事を摂り、摂生された生活を送ってきた人は、年齢を重ねても元気ではつらつとした生活を送っています。いつまでも元気に過ごすためには若いころから食生活に気を付ける必要があるのです。「まだまだ大丈夫」という考えでは後で後悔することになります。今すぐにでも食生活を見直しましょう。